一般的コーヒーメーカーについて

コーヒーメーカーで最も一般的なのは紙フィルターをセットして中に挽いた豆をいれ、上からお湯を注いで抽出するタイプです。

さらにおいしく飲みたいのであればミル付きのコーヒーメーカーがあります。粉ではなく豆を入れて豆を挽くところから始めるので挽き立てのおいしいものが楽しめます。ただ、ミル部分は固いコーヒーの豆を毎回挽くためどうしても刃の部分を中心に故障しやすいというデメリットはあります。豆を挽くためのコーヒーミルを別で購入した方が後々まで使い続けるのに寿命が長くなってよいでしょう。

いずれのタイプのコーヒーメーカーを選ぶにしてもやはり入れたてが一番おいしいです。出来たコーヒーは下のヒーターで暖めてくれる構造になっているため時間が経つとどんどん煮詰まっていって苦くなってしまいます。それを防ぎたいのであれば抽出したコーヒーの下にヒーターがなく、その代わりに魔法瓶となっているものもあります。これなら適度なのみ心地温度で保存しておいてくれるので時間が経っても美味しく飲むことができます。

最近はカプセルを入れるだけで一人分のコーヒーを入れてくれるカプセルタイプも出てきています。逆に味にそれほどこだわらずとにかく手軽にコーヒーが楽しみたいというのであればインスタントコーヒーを購入してお湯を注ぐだけでもよいでしょう。コーヒーは嗜好品なので自分の好みの味・手間のかけ方にあったものを選んで場面場面で使い分けるようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *