コーヒーメーカーについて

コーヒーメーカーは、別名コーヒーマシンと言われており、若者からお年寄りまで全世代で人気があり、職場や家庭でもよく使われるようになりました。

コーヒーメーカーは、ドリップ式、エスプレッソ式、サイフォン式に分けることができて、現在もっともよく使われているのが、ドリップ式です。ドリップ式とは、お湯でコーヒーを抽出濾過する典型的なものです。そのため抽出濾過の際には、紙フィルターを使用します。コーヒー豆を替えるたびにこのフィルターを取り替える手間を省くために、半永久的な細かい網目状のフィルターを使用しているドリップ式が増えてきています。

エスプレッソ式は、コーヒーに圧力をかけながら抽出するもので、コーヒー専門店で使われているのがこれになります。サイフォン式は、フラスコで沸騰したお湯がコーヒーと混じることで抽出する方式で、これもコーヒー専門店で使われています。家電店では、ドリップ式が主に売られていましたが、最近ではエスプレッソ式やサイフォン式もよく売られるようになっています。

コーヒー専門店並みの味を好む消費者のニーズにこたえたものです。金額はサイフォン式が一番高く、次にエスプレッソ式、ドリップ式と続きます。ひとり暮らし用には、ドリップ式が圧倒的に人気があります。一杯分だけ作れるという人気があるためです。価格は千円くらいからあります。コーヒー好きのために、これからもコーヒーメーカーの需要は増えていくと予想されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *