コーヒーメーカーは大きく2種類がある

コーヒーメーカーがあれば、すでに挽いたコーヒー豆を、好みに合わせてセットする事、あとは勝手に美味しいコーヒーが抽出されて、すぐに飲める状態になります。

コーヒーのポイントは、抽出の加減によって風味が変わりますから、その定量化のためにも開発された家電製品でもあります。大きく2つの種類があって、サイフォン式とドリップ式とがあります。ドリッパーにペーパーフィルターを敷いて利用するのが、ドリップ式コーヒーメーカーです。給水タンクがついていますから、その部分へ必要量の水を入れます。そして挽いたコーヒー豆も、フィルターにセットします。

こうしてサーバーに、ゆっくりとコーヒーが抽出されることになります。サーバーの上部にドリッパーを、そのまま乗せるタイプもあります。もうひとつは、本体と一体型で、ドリッパーがついているタイプもあります。気圧の差を諒して、お湯の温度を2回ほど移動を指せるのが、サイフォン式コーヒーメーカーです。

水の蒸気圧による加圧は、1回目に行われる移動です。気体の冷却による減圧は、2回目で作用することになります。発明されたのはヨーロッパであり、時代は19世紀にまでさかのぼります。サイフォン式は歴史が深いです。そんなサイフォン式ですが、日本国内へとは言ってきたのは、大正時代に入ってからです。サイフォン式コーヒーメーカーの商品は、日本でよく見るのは、ガラスで出来ているタイプで、形状は風船型をしているタイプです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *