矯正する上で大切なこと

subpage01

矯正をしている歯科医院に行けば、歯並びがきれいになると考えている人が多いです。確かに、自分では歯並びを治すことは出来ませんが、矯正する上で、やってもらうものと考えるのではなく、自分も一緒に治すという姿勢が大切になります。

まず、矯正の治療は最低でも2〜3年はかかるものです。

歯に装置を付けても、いきなりきれいになるわけではなく、歯が少しずつ動いてきれいに並ぶようになります。
装置が付いていると、歯磨きが行いにくく、虫歯や歯周病になってしまうことがありますが、自宅での歯磨きを頑張ることで虫歯のリスクを抑えることができます。


装置の間を磨く、細いブラシも販売しているので、ぜひ活用して治療中の虫歯にならないようにしましょう。
虫歯になってしまうと、歯を動かす治療と同時に、虫歯の治療もしなければいけなくなります。



汚れを付けたままにすると、歯周病と言って歯茎が腫れたり、骨が溶けてしまう病気にもなりやすくなります。

骨が溶けると、歯の移動にも支障がでてきてしまうので、お口の中は常に清潔な状態を保ちましょう。



矯正中の歯磨きは、エチケットで行うのではなく、治療の一環だと思って磨きましょう。
そうすることで、虫歯などのリスクを最小限にして、矯正治療を早く終わることができます。
取り外しのできる装置の場合は、違和感があるからと外しっぱなしにしないで、指示された通りの時間装着しましょう。

現時点で最高のlivedoorニュースの様々な相談を受けることができます。

装着しないと、歯の動きが計画通りに進みません。