歯周病を治すと健康的になれます

subpage01

歯周病のリスクに注目が集まっています。
日本人の多くがかかっている病気ですが、歯が痛くなるまで歯医者に行かない人が多いのが現状です。
そのままにしておくと、歯茎が腫れて歯肉炎になったり、酷くなってくるとぶよぶよになって歯槽膿漏になってきます。
歯周病菌は歯を支えている骨まで溶かしてしまい、歯が抜けてしまう原因にもなっています。

今までに培ったノウハウを活かし、All About情報のご紹介です。

食事をすることも大変になったり、入れ歯を入れなくてはいけなくなるので、早めに治療をしておくと安心です。



菌は口の中だけの問題だけではなく、歯茎の中に入って身体中の血管を通ってしまい、数多くの病気の原因になっているので注意しましょう。
歯医者に行くと口の中を綺麗に掃除してもらえるので、口内環境を良くしてもらえます。
毎日の歯磨きでは取りにくい歯垢や歯石なども取ってもらえるので、口の中にある菌が繁殖しなくなります。

その他にも現在では予防歯科と呼ばれる毎日の歯磨きによって歯周病を予防することを重要視しているので、歯科衛生士からどのように磨けばよいかも教えてもらえます。

歯磨きは聞き手や癖によって磨けていない場所も歯科衛生士が指摘してくれるので、歯磨きを気を付けることも可能です。
定期的に歯医者に行くことと、毎日の歯磨きをきちんとすることによって、歯周病を抑えることができて、いつまでも健康的な歯でいられるようになります。



歯医者には、3か月に一度程度通っていると健康的な状態を保てます。